タイミングを逃さない

保険の更新が近づき保険を更新すると保険料が上がってしまう、どうしたらよいか分からない保険料を節約するのであれば家族構成をもとに保険を見直すなどです。また、定期保険なら収入保証保険に切り替える、たばこを吸っていないなら非喫煙健康体割引が適用される保険に切り替えるなどで保険料を節約することができます。また、必要保障額の確認です。必要保障額は年々下がっていきます。それなのに一度も保険見直しをしないと、ずっと高い必要保障額のままとなります。そうなると保険料も高いままになります。そこで、現状分析をして必要保障額を見直すだけでも節約になります。

保険見直しのタイミングは、まずは子供が産まれた時です。子供が産まれると考えなければならないのが教育費です。教育費は貯蓄タイプの学資保険で準備をしますが、どの保険を選べば分からない、それを比べてニーズにあう学資保険を選ぶことができます。そして、結婚した時の保険見直しです。結婚すると独身時代の時以上に責任が増すことになります。もしも病気やケガで働けなくなった時に残された遺族は困ってしまいます。その家族が困ってしまわないように必要な保障額はいくらになるかを考えていく必要があります。それと同時に保険料を節約することが大切です。また、子供が独立した時です。これまでは子供のために貯蓄をしてきましたが、老後をゆとりをもって暮らすための保険になります。